日本私立大学連盟「私立大学ガバナンス・コード」

 私大連では、常務理事会及び理事会における協議、並びに第215回定時総会(令和元年6月25日)における了承を経て、『日本私立大学連盟 私立大学ガバナンス・コード【第1版】』を策定しました。
 当法人は、本コードを指針とする会員法人の自律的な大学運営に対する支援を通じ、会員法人のガバナンスの強化と健全性の向上を図るとともに、私立大学全体の充実発展に貢献したいと考えています。


 



1.私立大学ガバナンス・コード

 日本私立大学連盟「私立大学ガバナンス・コード」【第1版】



 

2.目的

 本コードは、会員法人の自主性と多様性に基づくガバナンスの強化と健全性の向上を図るための指針として策定したものです。
 会員法人それぞれが建学の精神に沿って、自主的かつ自律的に大学を運営し、多様な私立大学の教育研究を推進することを支援するものであり、「自主性の尊重」によって、私立大学の多様性は確保されるという考えを前提としています。
※本コードの策定においては、会員法人が実施しているグッドプラクティスやこれまで当法人において提案してきた大学ガバナンスに関する報告書、私立学校法等を参考としています。

 

 

3.特徴

 本コードは、「基本原則」、「遵守原則」、「重点事項」及び「実施項目」の四つから構成されています。「基本原則」から「実施項目」すべてを包含して、コードとしています。

 また、本コードは「コンプライ・オア・エクスプレイン」の原則を前提として、策定しています。この原則の意図するところは、コードを形式的に遵守することを回避させ、必要に応じて外部に対して説明を加えることにより、各主体の柔軟性を認めるものです。

 
「コンプライ・オア・エクスプレイン」
 会員法人の自主性並びに多様性の担保の観点から、本コードに定める「重点事項」や「実施項目」以外の方策等により「基本原則」及び「遵守原則」を遵守することを妨げていません。ただし、その場合には、会員法人は、当法人に対し、その内容を報告するものとしています。
 会員法人は、自らの多様なステークホルダーに対し、本コードの遵守状況に関する情報を積極的に公開することとしています。 

TOP